SDメモリーカードに無線LANを内蔵した「Eye-Fi」のヒットに続いて、今度はモーションセンサー内蔵のSIMカードという訳の分からぬものが出て来ました。誰かの思いつきハックではなく、Oberthur Technologies社の「SIMSense」というれっきとした製品です。そりゃあそうですが、世界初を謳っています。もっとも現時点では、通常のSIMカードサイズに加速度センサーと温度センサーを内蔵という以外の詳細は不明。モーションセンサーのない携帯電話においても、振ってメニューを選択、着信時に振って不在メッセージをメールで送信、利用者が倒れた時は検知して救急車に電話、といたサービスが可能になるとメーカーはうたっているものの、アプリケーション側がどう対応するのか、サービスをどのように開発するのか、いつ発売されるのか、そもそもニーズがあるのか、疑問は尽きません。いずれにせよSIMロックのある日本では縁遠い話ですが、コストと完成度次第ではキャリアが一括で採用という可能性も万に一つはないこともないかもしれません。