ソニー サイバーショットのメインストリーム向け・薄型タッチパネル搭載のTシリーズに「DSC-T90」(左)と「DSC-T900」(右)が加わりました。

ハードウェア面から見るとT900のほうが一回り大きく、そのぶん液晶も3.5インチ。やや強いフラッシュを搭載してステレオ音声出力にも対応しています。T90は3インチ液晶、モノラル音声出力。両機種とも新機能として1280x720 約30fpsのハイビジョン動画撮影に対応(フォーマットはMPEG-4 Visual圧縮のmp4)。カメラの有効画素数も1210万にアップしています。自慢の薄さはT900が最薄部15.1mmとなり、現行のT700の15.2mmよりさらに0.1mm薄型化。ブブカの世界記録更新みたいになってきました。一方のT90は現行のT77と同じ最薄部13.9mmの世界最薄仕様です(光学式手ブレ補正機能搭載のデジタルスチルカメラとして)。他は引き続き光学式手ブレ補正、光学4倍ズームなど。

ソフトウェア面では両機種同じで、オート撮影時に顔検出やシーン認識もオート化する「おまかせオート」機能を搭載。また顔の動きを検出した際に感度を上げる「顔動き検出」機能、モデルが目をつぶっていた時は自動的に二枚撮影する「目つぶり軽減」機能が加わっています。失敗写真を殲滅しようというかの勢い。今後はモデルがふくよかな時は自動的に縦長にしてくれる機能などが期待できます。市場推定価格はT900が45000円、T90は38000円。