電話、音楽プレーヤー、カメラ、ゲームと多彩な機能が詰めこまれているiPhoneに、今度は他社デジカメとも連携するジオタグ機能がアップル純正で提供されるかもしれません。噂の出所は、iPhoto '09の内部に潜んでいた(とされる) 上記のダイアログ。普通に使っているかぎりは表示されないものですが、どういう経緯かプログラマーが発見したもので、iPhone / iPod touchの位置情報アプリケーションから利用可能な位置情報を転送して、iPhotoの選択した写真グループと結びつけるといったことが書かれてあります。

もちろん現状でもiPhoneのカメラで撮影した写真には自動的に位置情報が付与されますが、カメラがアレなぶん、デジタルカメラと併用しているユーザは少なくないはず。もしこの機能が実現したなら、好きなカメラで撮影した写真に、iPhoneで取得した位置情報いわゆる「ジオタグ」を加えられるようになります。iPhoneで起動する「位置情報アプリケーション」が常時GPS情報を取得するような形なのか、GPSではなく基地局やWi-Fi APから位置情報を推測する形なのか、あるいは写真撮影時にユーザがMapsでブックマークしたり、あるいは「今居る場所をブックマーク」だけアプリをタップしたりすると位置情報を取得してくれる形なのか、詳細はまだまだ不明です。

それにしても、なぜこれほど面白そうな機能が隠されているのでしょう。将来のバージョンアップでの公開に備えているのか、実用化するつもりがGPSの常時利用にiPhoneのバッテリーが耐えきれずにあきらめたのか、あるいは次世代iPhoneではバッテリーが強化されて標準機能になるのか。GPS機能のないiPod touchに言及されているのは、現行のMapとおなじくWi-Fi APベース(Skyhook)でも動くということではないかと考えられます。次世代iPhone発見の件といい、アップル製ならなんでも中身まで見なければ気が済まないユーザもユーザですが、ちゃんとネタを仕込んでおくアップルもアップルです。

[Via iLounge and Ars Technica]