MSI unveils new X-Slim models ahead of CeBIT

MSIが3月のCeBITを控えて台湾でプレビューイベントを開催、薄型ノートX-Slimの15インチ版 X600を披露しました。1月のCESで発表された X-Slim X320は13.4型液晶ディスプレイを採用して最薄部 6mm、重さ1.3kgという非常に分かりやすいMacBook Air対抗機でしたが、X600はほぼおなじスタイルのまま15.6インチに拡大したようなモデルです。

チラ見せとあってあまり詳しいことは分からないものの、プラットフォームはCentrino 2でULVプロセッサ採用、ディスプレイは16:9、重さは約2kgなど。X320と同サイズのX340はインテルの「Atom以上、高価なモバイルノート用 Core 2 Duo ULV以下」というCULV (コンシューマーULV。AMD Yukon対抗)を採用するという話もありましたが、そちらも含めてCeBIT 2009で詳細が明かされる見込みです(続報:X320はAtom Z系、X340は「Intel Penryn ULV」プロセッサ)。。続きには写真一枚、リンク先Engadget Chineseにはイベント会場からの写真をさらに何枚か。


絶妙に薄くみえる角度からの一枚。