シグマの次期高級コンデジ「DP2」、イギリスで参考出品中

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年02月24日, 午後 08:06 in dp2
0シェア
FacebookTwitter


イギリスはバーミンガムで開催中の展示会、Focus on Imaging 2009にてシグマの高級コンパクトデジタルカメラ「DP2」が参考出品されています。DP2は名前の通り、小型ながらデジタル一眼並の大型撮像素子を備えた「DP1」の後継機種。DP2では3層1400万画素のイメージセンサーはそのままに、新型画像処理エンジン「True II」を採用、レンズが28mm F4から41mm F2.8へ刷新されることが昨年秋に発表されています。(画角はいずれも35mm判換算)

SigmaUserのレポートによると、展示中のDP2はすでに操作可能な状態。実際に触れてみた感じでは、背面に追加された、好きな設定を割り当てられるQSボタンのおかげで操作性が向上しているようです。また厳密な比較はできませんが、DP1と比較すると撮影ごとにかかる時間が明らかに早くなっているとのこと。感度もISO3200まで選択可能になっており、800までだったDP1よりパワーアップ。細かいところでは背面のボタン位置が変更になり、グリップとなる場所が広く、握りやすくなっています。

まだハードウェア、ファームウェアともにプロトタイプであるため、発売時にどうなっているかは分かりませんが、いずれにせよカメラのためなら予算はいくらでもある、しかしデジタル一眼は大きすぎる、という方には魅力的な選択肢です。発売日、価格などの続報を待ちます。

[Via 1001 Noisy Cameras]

 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: dp2, sigma
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents