Snow Leopard スクリーンショット流出、新スタック表示

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年02月26日, 午前 10:17 in apple
0シェア
FacebookTwitter


次期Mac OS X Snow Leopardのスクリーンショットがまた流出しています。今回のスクリーンショットから読み取れるのはFinderの新表示や新pref、インストールオプションといった細かな改良。たとえば現在はスタックからフォルダを選ぶと単に新規Finderウィンドウが開くようになっていますが、Snow Leopardではグリッド表示のまま深い階層までブラウズできるように改良されています。上の画像はひとつ上のフォルダがグリッドのまま奥に表示されているところ。スタックのこの新挙動は続きにYouTube動画もあります。

そのほか下のギャラリーから見てとれるのはゴミ箱のアイテムを元に戻す(Put Back) コンテキストメニュー、ロゼッタや不要なプリンタドライバ、言語サポートなどを外してサイズを小さくできるインストールオプションなど。本物の流出であることはほぼ確実ですが、製品版もこのままになるとは限りません。

[Via AppleInsider]



 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: apple, mac os x, MacOsX, os x, OsX, snow leopard, SnowLeopard
0シェア
FacebookTwitter