Asusから、Eee PC S101に続く第二世代の薄型Eee PCが登場するようです。台湾 工商時報によると、AsusはEee PCの新モデル「Shell」を4月にも投入するとのこと。「シェル」または「貝殻機」はS101より高い性能を備え、さらに携帯しやすく、さらにバッテリー駆動時間の長いモデルとされています。価格についてはAsusでもまだ未決定(らしい)としつつ、予測ではおよそ1万7000~ 2万 台湾圓、日本円にすれば約4万8000円から5万5000円くらい。もし正しければ、昨年に登場したS101より下の価格設定ということになります。今のところは公式な発表ではないものの、 Asusが例年多数の新製品を発表するCeBITは3月3日からの開催。「シェル」についても発表があるかもしれません。