ゲーマー御用達ハイエンドメモリや最近ではSSDで有名なOCZ Technologyから、同社初となるネットブック製品「Neutrino」(ニュートリノ)が発表されました。ネットブック分野の定義を拡大するとうたうニュートリノの基本仕様は10.2インチ1024 x 600 LEDバックライトディスプレイ、Atom N270 プロセッサ + 945GSE + ICH7Mという標準的なもの。ただしOCZの得意とするメモリとストレージで「DIY」カスタマイズが可能となっており、メモリは最大2GBのOCZブランド DDR2 SDRAM、ストレージは250GBのOCZ SSDまたは250GBまでの2.5インチ 5400rpm HDDをサポートします。

またネットブックに標準的な4 in 1 メモリカードスロットに加えて、PCI-Expressスロット(34mm ミニカード)を備えるのも特徴です。そのほかは一般的な1.3Mピクセルウェブカメラ、左右に各1計2つのUSB 2.0ポート、VGA出力など。バッテリーは4セル2200mAhの「リムーバブルスマートバッテリー」パック、本体重量 2.86ポンド / 約1.3kg。OSはWindows XP / gOS / Ubuntu。ほかの10インチネットブックに対して「競争力のある」価格で登場するDIY版および価格不明のハイエンド版が予定されており、米国市場には今後2・3か月のうちにも登場する見込み。