PCケースやクーラーのThermaltakeから、BMWデザインのPCケース「Level 10」が登場します。同社設立10周年を記念したもので、デザインコンセプト担当はBMW Group DesignWorksUSA。自動車はもちろん乳母車から航空機、キッチンウェアまで何でも手がけることで知られるBMW傘下のデザインスタジオです。

ケースとしての特徴はマザーボードや電源、HDDといったコンポーネントをひとつの箱のなかに収めるのではなく、それぞれに独立したコンパートメントを設けて連結した構造になっていること。リンク先のPCGamesHardwareによれば、正式な登場はComputexごろの予定。リンク先のギャラリーでは裏側や接写も見られます。CeBITに展示されていたものは表面仕上げや質感も上の画像とは異なる試作品のようですが、素材は主にアルミが使われているようです。まだ発表前プレビュー段階なので価格も未定ながら、サーマルティク担当者の予想では450 ~ 600ユーロくらい。日本円にすれば5万円から10万円クラスといったところでしょうか。