写真はeBayに出品中の「プロトタイプ iPhone」と称するもの。出品者いわく、シリアルナンバー(YM649xxxxxx)から「2006年の第49週」すなわち初代iPhone発売の半年ほど前に中国の生産拠点で製造されたらしく、量産品の発売時より古いベータ版 OS 03.06.01_Gを搭載している、ということになっています (上の画面は診断モード)。実際には2台が出品されており、片方は任意のSIMで通話やSMSができる状態、もう片方は電源すら入らず。

リンク先のオークションページではいかにも仮置きプロトタイプといった風情のUIが確認できます。ハードウェアとしてはガラスではなく「プラスチックの非光沢スクリーン」を採用。「iPhoneの開発機」をイメージして創作したJailbreakアプリでないという保証はありませんが、2Gを元にした偽物ならディスプレイをわざわざ交換しているのもよく分かりません。気になるコレクターのかたはリンク先へ。いまのところまだ1000ドルを超えない程度の入札額です。

[Via iLounge]