「Coppa」くんはアメリカの二人組ベンチャー、RoBe:Doが販売中のロボットキットです。4つのモーターにLogitechのUSBウェブカメラ、距離センサー、充電器付きバッテリーなどが同梱されており、プログラミングにより様々なロボットに仕立てることが可能。面白いのは「脳」の部分が組み込みチップではなく、ネットブックになっているところ。そのおかげでライブラリがC / C++ / C# / Java / Flash AS3 / .NET / Pythonなど幅広い言語に対応しています。ただしネットブックは別売なので、自前で用意して下さい。価格は$1649です。

さて、なにができるだろう、ということでサンプルとして紹介されているのが上の写真。Twitter経由で命じられると、ポップコーンをボウルに補給してカウチまで運んでくれます。残念ながらポップコーンの調理には別のロボットか従順な人間が必要です。続きには動画も掲載しています。

[Via SlashGear]