先日設立 125周年を迎えたIEEEの記念イベントで「LED黒板」I-Slateが発表されました。地域によっては教育の現場でノートがわりに手持ちの黒板がまだまだ利用されていますが、i-Slateはそのかわりとなるものです。先生不足の地域では代役も果たすということなので、教育内容は明らかではありませんが、写真を見る限り学校で脳トレをやる感じでしょうか。学習用データはWiFi経由でダウンロード可能。開発したのは米ライス大学、Krishna Palem教授のチームです。

以上だと、まあタブレットPCもあるしそういう使い方も出来るだろうね、というだけの話ですが、重要なのは内部にPalem教授ほかの開発したProbabilistic CMOSまたはPCMOS、「確率的論理CMOS」チップが使われている(使われることを想定している) 点。PCMOSは今年2月に初めてプロトタイプが発表されたばかりの技術で、0か1かのブーリアンロジックで動く現在のプロセッサがわずかなエラーも許容しないためノイズ対策や大きな電圧を必要としているのに対して、最初からある程度のエラーや「確率的」振る舞いを前提として吸収できるよう回路を設計することにより、大幅に低い消費電力とパフォーマンスを実現するというもの。今年2月発表でのうたい文句は「消費電力30分の1、演算速度7倍」。用途には多少のエラーがあっても認識できない動画ストリーミングやグラフィックカード、超低消費電力が重要な医療用インプラントなどが挙げられています。

また製造も安価であることから、途上国向けの製品としても実用的とされています。Palem教授は同チップが携帯電話(充電は数週間に一度)やテレビ(人間の目では認識できない差で大幅に省電力)など他のガジェットにも流用できると予想。プロトタイプは春からインドでテストの予定です。「教育用、安価、インド」と聞くとガッカリな記憶が蘇えりますが、こちらはOLPCの良きライバルとなって欲しいものです。(※前身 AIEE設立から125周年。IREとの合併による現在のIEEE設立は1963年。)