「レノボのtype P」は「Pocket Yoga」コンセプト、2年前製作

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年03月17日, 午前 09:01 in lenovo
0シェア
FacebookTwitter


先週掲載した「レノボのVAIO type P的ななにか」の正体が分かりました。モックアップなのか実働品なのか、仕様も製作された時期も不明な試作品らしきもの、要はtype Pよりもなお横長いことと革装であること以外なにも分からない謎の物体でしたが、レノボ北京イノベーションセンターのディレクター Johnson Li氏によると、この試作品は約2年前に製作されたコンセプトPC 「Pocket Yoga」であるとのこと。

Li氏の解説によれば、もともと360度回転するヒンジをベースにした「Yoga」コンセプトの小型版として企画されたもので、閉じた状態から普通に開けばノートPCとして、そのまま回転させればタブレットになるデザインです。全体としては大きめの札入れをイメージしており、Li氏いわく「ポケットに入る限界サイズ」。下のギャラリーには実際にポケットに入れたイメージ画もあります。レノボデザイナーの限界を軽々と超えるVAIO type Pの偉大さがよく分かる画像です。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: lenovo, vaio type p, VaioTypeP
0シェア
FacebookTwitter