Wii システムVer. 4.0アップデート、SDからの起動・SDHCカードに対応

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年03月26日, 午前 06:56 in nintendo
0シェア
FacebookTwitter


任天堂 岩田聡 氏のGDC 2009基調講演にて、Wiiの本体ソフトウェア バージョン 4.0が発表されました。大きな更新点はチャンネルやバーチャルコンソールソフトをSDカードから起動できるようになったこと。Wii メニューの左下にSDカード型のSDカードメニューアイコンが追加されています。また容量 32GBまでのSDHCカードにもようやく対応しました。最近はデジタルカメラでもただのSDではなく安くなったSDHCを使う場合が増えてきましたが、写真チャンネルでもSDHCカードの中身が見られるようになりました。続きは北米版Wii の4.0 ウォークスルー動画。 4.0Jはすでに国内でも提供が始まっています。(業務連絡:すでにインストールしたhomebrewチャンネルは問題なく動くようです。)

追記:任天堂ホームページも更新されました。4.0への更新による主な変更点は:

● SDメモリーカードから簡単にチャンネルが起動できる「SDカードメニュー」が追加されます。
● Wiiショッピングチャンネルから直接SDメモリーカードにチャンネルをダウンロードできるようになります。
● SDメモリーカードのほか、さらに大容量のSDHCメモリーカードにも対応しました(最大32GB)
『Wiiショッピングチャンネル』『写真チャンネル1.1』『Wiiスピークチャンネル』でもSDHCメモリーカードをご利用いただけるようになります。(『Wiiスピークチャンネル』は、更新版をWiiショッピングチャンネルからダウンロードしてください)
● 「手助けポイントキャンペーン」がご利用いただけます。
● チャンネルやセーブデータを整理する際、Wii本体保存メモリからSDメモリーカードに「コピー」するほか、新たに「移動」することができるようになりました。(一部移動できないセーブデータもあります)

また「SDカードメニューについて」によると、SD起動の制限は(本体メモリより時間がかかることのほかに)、WiiConnect24対応機能が使えないこと。WiiConnect24はスタンバイ状態でもネットワークと情報をやりとりする仕組みですが、SDに保存したチャンネルは書き換えられないということのようです。WiiConnect24対応機能を使いたい場合は本体メモリへ。


Read - バージョン4.0J
Read - SDカードメニューについて
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: nintendo, wii
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents