PhotoFastのSSD G-Monsterシリーズに、PCI-Express x8接続のG-MONSTER PCIeが加わります。容量は256GB / 512GB / 1TBの3モデル。RAID 0コントローラとSDRAMキャッシュを搭載しており、転送速度はリード750MB/s、ライト700MB/sととてつもない数字を誇ります。対応システムはPCIe x8を搭載した Windows Vista / XP PC。出荷は4月中旬とされていますが、価格はいずれもオープンプライス。

コンシューマー向けのPCIe SSDとしてはOCZが「Z Drive」を発表していますが、そちらは3月時点で転送速度 リード 600MB/s・ライト 500MB/s、256GB SSDを4つRAIDに256MB SDRAMキャッシュの構成で予価 US$1500から$2000とされていました。OCZ Z Driveも4月中には登場する見込みです。