モバイルホットスポットMiFi、Verizon版流出

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年03月31日, 午後 12:45 in mifi
0シェア
FacebookTwitter


3Gネットワークを無線LANで共有できる「モバイルホットスポット」MiFiの製品版情報が見つかりました。携帯系早耳サイトのPhone Arenaがどこからか掘り出してきたのは、キャリアVerizonのロゴが付いた「MiFi 2200」のユーザーガイド。MiFiはHSPAやEDGEなど特定の通信方式に対応した製品が各キャリアから登場する予定ですが、Verizon版のMiFi 2200はEV-DOネットワークで動くバージョンです。

資料の中身は各部名称、バッテリー交換、ステータスLEDの読み方、対応OSなど。肝心の価格やバッテリー駆動時間などは通信方式や各国キャリアの設定にもよるためあまり分かりませんが、802.11b/gで3Gデータを共有するモードのほかUSBケーブルで有線モデムとして使うモードがあること、microUSBポートで充電が可能なことなどは読み取れます。メーカーNovatelによれば、MiFiは予価US$200くらい(キャリア依存)、最大連続通信時間 4時間ほどで今年半ばにも出荷される見込み。同種の製品には華為技術のi-Mo、いま買えるウィルコムどこでもWiFiもあります。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: mifi, novatel, verizon
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents