ソニー、世界最小・最軽量フルHDハンディカムHDR-TG5Vを発表

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年04月2日, 午後 04:10 in breaking news
0シェア
FacebookTwitter


ソニーから新しい縦型ハンディカム「HDR-TG5V」が発表になりました。現行HDR-TG1のモデルチェンジで、やや小さく軽くなったため今回も世界最小・最軽量(※1080i方式民生用AVCHDビデオカメラとして、2009年4月広報発表時点)。長い但し書きと前後してしまいましたが、前機種同様に1920x1080iのハイビジョン撮影に対応し、内蔵メモリは16GBと倍増しています。また新機軸としてGPS機能を搭載。撮影した動画 / 静止画に位置情報を加えられるほか、もちろん現在位置の確認もできます。撮影動画から自動的に抽出するハイライト再生機能や、デジタルカメラでお馴染みのスマイルシャッター機能も加わりました。

その他のスペックはおおむねTG-1を引き継ぎ、264万画素の1/5型"Exmor" CMOSセンサー、35mm換算で43mmからの光学10倍ズーム、2.7型のタッチパネル液晶、メモリースティックDuoスロットなど。HDMI端子は本体から付属の"ハンディカム"ステーションに移動しています。発売は今月20日の予定。価格はオープンプライス、市場推定価格は120000円前後です。

なお、オプションとして広角が30mm相当になるワイドコンバージョンレンズ「VCL-HGE07TB」も発表になっています。こちらも本体と同じ今月20日の発売予定、価格は12600円。



[Via CNET]
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: breaking news, BreakingNews, camcorder, gps, handycam, hdr-tg5v, sony
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents