GMとセグウェイが共同開発した恐怖の二輪車「P.U.M.A.」

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年04月7日, 午後 03:03 in general motors
0シェア
FacebookTwitter

写真の乗り物は個人制作ではありません。ゼネラルモーターズとセグウェイが共同開発中の電動二輪車、P.U.M.A.(The Personal Urban Mobility and Accessibility Project)です。破産申請を検討中の自動車メーカーと発明者も行く末を思い悩むベンチャーがじっくり作った結果がこれだよ! と思わず声を荒げたくなるデザイン。しかも写真では分かりづらいのですが、なんと二人乗りです。キャッチコピーは「ドアなし。問題なし。」でしょうか。

今すぐにでも輸入して道路交通法違反で逮捕されたいという方のためにスペックを紹介すると、最高速度は約55km/hで、一度の充電で約55km走ります。また、車両同士で連絡をとりあうことで事故や渋滞を防ぐ機能が搭載されているとのこと。それより先にやるべきことがあるだろうと思ってしまうのは頭が古いからでしょうか。価格や発売日、そもそも発売するのかといった情報は不明ですが、明日開催されるというイベントで詳細は明らかになるかもしれません。

Read先は姉妹ブログのautoblog。二人乗りの様子など、写真がもう何枚かあります。

追記:
正式発表されました
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: general motors, GeneralMotors, puma, segway, transportation
0シェア
FacebookTwitter