RFID認証・Twitter通知搭載の猫ドア Tweeting Cat Door

Satoru Tokuhisa
Satoru Tokuhisa
2009年04月9日, 午後 03:27 in animal
0シェア
FacebookTwitter


twitterのボット支配が進む昨今、とある猫好きエンジニアがtwitter通知付きの猫ドア開閉システム Tweeting Cat Doorを開発しました。このエンジニアが注目した解決すべき問題とは、「隣家の猫が猫用ドアから勝手に入ってきて、飼い猫のエサを食べてしまう」こと。またその理由を「うちのエサのほうが美味しいから」と邪推。問題を解決するため、飼い猫のエサをまずくするのではなく、2匹の飼い猫(GusとPenny)を認識し、飼い猫に対してのみ猫用ドアの開閉を行う装置の開発に着手しました。

開発者ブログにはTweeting Cat Doorの詳細が説明されています。まず2匹の猫の首輪にそれぞれ異なるIDを持つRFIDタグを組み込みます。そして、RFID内蔵首輪をつけた飼い猫が猫用ドアに近づくとIDのマッチングを行い、登録されたIDが一致した場合、サーボモータでドアを開閉させます。この時、どちらのネコが出入りしたかを写真とともにtwitterに投稿します。自分たちの預かり知らぬところで200人超のフォロワーに監視される2匹の猫は、今日も元気に出入りしているようです。

[Via Switched]

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: animal, cat, twitter
0シェア
FacebookTwitter