時速270キロを目指す「やかん」号、蒸気車最速記録を100年ぶりの更新へ

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年04月9日, 午後 03:37 in steam
0シェア
FacebookTwitter


見るからに速そうな写真の車は、それもそのはず六月早々には世界最速記録に挑む予定のものです。ただし挑むのは蒸気車の部。Daily Mail Onlineによると、現在の蒸気車の世界最速記録は127.659mph(およそ205km/h)で、Fred Marriottが記録を達成したのは1906年のこと。「世界最速のやかん」という身も蓋もない名前のついたこの細長い車は、イギリスでのテスト走行を終え、これから米国で新記録達成を狙う構えです。目標は170mph(およそ270km/h)とのことなので、100年以上その座を守った記録の大幅な更新が期待できます。

ちなみに車の長さは7.6m、重さは3トン。12のボイラーを内蔵し、1分間で50リットルの脱塩水を利用します。Read先では内部構造など、カッコイイけど乗りたくないと思わせる写真や図を多数掲載中。

[Thanks, Robert]
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: steam, transportation
0シェア
FacebookTwitter