先日正式発表されたAcer AspireRevoがオンラインストアPlay.comで予約可能になりました。AspireRevoはAtom + GeForceのNVIDIA IONプラットフォームを世界で初めて採用したミニデスクトップ。Atomとインテルチップセットのいわゆるネットトップと同程度の価格でありながら、1080p HD動画再生やCall of Duty 4など3Dゲーム、さらにはGPUを汎用演算に使いグラフィック以外のアプリも高速化するCUDAに対応できる製品です。

現在予約を受け付けているのは179.99ポンドから329.99ポンドまでの4構成。そのまま日本円にすれば約2万6000円から4万9000円くらい。最下位モデルの仕様はAtom 230 1GHz、1GB RAM、8GB SSD、802.11b/g、10/100イーサネット、4 in 1カードリーダ、USB 2.0 x6、eSATAポート、VGA出力、HDMI出力など。付属品は有線キーボードとマウスのみ、OSはLinux。

上位モデルはメモリが2GB、ストレージが160GB HDDと強化されており、OSはWindows Vista。無線キーボード&マウスに加えて、謎の「3D ゲームコントローラ」も付属します。(この店舗で上位モデルに付属させているゲームはセガのCrazy Taxi、The House of the dead 3、ソニックヒーローズなど)。出荷は5月18日。ただし価格・仕様ともこのままとは限らず、また地域により用意されるモデルや構成が異なると考えられます。



モニタの背中に張りついたところ。