オランダはアムステルダムにある考古学博物館のAllard Pierson Museumで、AR(強化現実)を用いた作品展示が行われています。展示は"Future For The Past"という名前で、一つが古代ローマ遺跡のフォロ・ロマーノに関するもの、もう一つがローマに亡ぼされた街であるサトゥリクムに関するもの。いずれも一見したところ当時の様子を示す絵があるだけですが、絵の前には背面にカメラを付けたiMacが置かれています。そのiMacを回転させるとカメラが絵の一部をディスプレイに映し出し、さらに細かな情報を自動的にポップアップ表示するというものです。百聞は一見にしかずということで、続きに掲載した動画をどうぞ。

開発したのはお馴染みドイツ・フラウンホファー協会傘下のコンピュータグラフィックス研究所 (IGD) 。iTACITUSというプロジェクト名で、iMacだけでなくUMPCでも同様の「カメラ画像をディスプレイ表示+ARで追加情報表示」アプリケーションに取り組んでいます。