レゴっぽいデジタルガジェットはあれこれありますが、こちらは本家LEGO社がおもちゃ会社のDigital Blueと組んで作ったデジタルオーディオプレーヤーです。mp3 / wmaの再生に対応しており、2GBメモリを内蔵、最大8時間動作。公式だけあって、上面と底面はちゃんとほかのレゴとくっつけることができます。価格は$39.99で、今夏の発売予定です。

なお、LEGOとDigital Blueのタッグは他にもバッテリー動作可能なCDラジカセや、3メガピクセルのデジタルカメラも発売の予定です。写真は続きに掲載しています。

CDラジカセBoombox。2×4ポッチにCDを詰め込めるはずはなく、ポッチがとても大きい作り。街や城を上部に作れるプレート仕様にするか、せめてデュプロ規格にすれば良かったのに、どういうつもりか。価格は$39.99、今夏の発売予定。



こちらはちゃんとレゴ規格のデジタルカメラ。3メガピクセル、4倍デジタルズーム、128MBの内蔵メモリというスペック。単三電池二本で動作し、外部メディアが使えるかどうかは不明。価格は$49.99、今秋の発売予定。大きいお友達向けにレゴマウント一眼レフカメラを開発すれば、きっと一定量売れるはずです。