OCZ Z-Drive 正式発表、PCIe接続でリード510MB/s・ライト480MB/s

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年04月25日, 午前 08:22 in ocz
0シェア
FacebookTwitter


OCZのPCI-Express接続 SSD Z-Driveが正式発表となりました。CeBITでプロトタイプが展示されていたZ-Driveは、PCIeカードにOCZ Vertex相当のコントローラとフラッシュメモリを4台分、およびRAIDコントローラと計256MBのローカルキャッシュメモリを載せて内部 RAID 0接続にした高速 SSD。SATA接続のボトルネックを回避することで、リード 510MB/s ・ライト 480MB/sという強烈な速度を誇ります。

容量は256GB、512GB、1TB。価格は「ハイエンドコンシューマーの手に届くよう積極的に設定」されるとだけで正式には明かされていませんが、CeBIT時の説明では漠然と「1000~2000ドルくらい」。流通関係からは256GBモデルでも1Kより2Kに近く、1TBは4~5000ドルに達するといううわさもあります。OCZのSATA接続SSD Vertexの市価は現在250GBモデルで8万円弱くらい。SATAのSSDはあっという間に一般化しつつありますが、情け容赦ないエンスー向けパーツの座はPCIe SSDがしっかり引き継いでくれるようです。


 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ocz, ssd, z-drive
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents