Palm Centro後継はwebOS搭載のEos、ストレート型で厚さ10.6mm?

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年05月1日, 午前 11:47 in att
0シェア
FacebookTwitter

新世代OS webOSを擁するPalmから、Palm Preに続く新端末のうわさが聞こえてきました。写真は新端末「Palm Eos」とされるもの。Preはスライドキーボードでしたが、こちらはキーボード一体型です。情報提供者から届いた未確定スペックでは2.63インチの320 x 400 ディスプレイを搭載しており、大きさは55 x 111 x 10.6mm。Preよりやや縦長で、薄くなっています。重さは100g。米国ではAT&Tからの登場が見込まれており、4バンドGSM / HSDPAに対応。その他、主な仕様は以下のとおりです。続報が入りしだいまたお伝えします。
  • 4GBストレージ
  • 200万画素カメラ(固定フォーカス、フラッシュ付き、ビデオ撮影対応)
  • Bluetooth 2.1 + EDR(A2DP対応)
  • micro USB
  • 3Gで4時間通話
  • GPS内蔵
  • メッセージ:SMS, MMS(写真&動画のみ), 内蔵IM
  • メール:POP3, IMAP4, EAS(Outlook)
  • 音楽:WAV, MP3, AAC, AAC+に対応
  • 動画:MPEG4, H.264, H.263に対応
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: att, palm, palm eos, PalmEos, web os, WebOs
0シェア
FacebookTwitter