『Wiiの間』 チャンネル&DSiウェア 『どこでもWiiの間』 提供開始

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年05月1日, 午前 01:08 in dsi
0シェア
FacebookTwitter


任天堂 x 電通の映像配信サービス『Wiiの間』が始まりました。Wiiショッピングチャンネルから無料でダウンロードできます。『Wiiの間』は任天堂公式のWii向け映像配信サービスがついに発表された!と注目を集めつつ、ユーザーのアバターを登録して仮想ちゃぶ台を囲ませる「もうひとつのお茶の間」というコンセプトが多くの人の首をひねらせていた問題チャンネル。同時に配信がはじまったDSiウェア 『どこでもWiiの間』はWiiで受信した映像を持ち歩いて観られる&人に見せられるクライアントアプリです。

広告を打つほうからは視聴者の年齢性別家族構成を知りたいのはまあ理解できるとして、仮想家族が顔をつきあわせた状態に向けた映像配信でどんなコンテンツが提供されるのかはなかなかイメージしづらいところですが、任天堂もさすがに株主には説明しておかないとまずいと思ったらしく、IRページに岩田社長が延々と語る『Wiiの間』会見なる動画を載せています。

YouTubeが普及した今になってWii向けに広告モデル映像配信サービスを持ってくる意義と勝算について、お得意の「任天堂の大いなる使命」と絡めて説いた内容ですが (今回は「地球上にはさまざまなすばらしい真実が~」だとかすごいことまで言いだす)、Wiiの現状を俯瞰する導入部分では「今年前半の国内のソフト展開には任天堂として反省しなければならない」「前半に予定していたある『展開』が今年後半にずれ込んでしまった」など本題とは無関係に興味深い発言もあります。

また同ページには編成を担当するWiiの間株式会社 編成局長 鈴木 吉弘氏、コンテンツを製作するイーストやテレビマンユニオンのプロデューサー&ディレクター陣、パートナー企業を代表してセブンアンドワイの社長 鈴木 康弘氏のインタビューもあり。こちらを予習してから実際のWiiの間ローンチコンテンツを鑑賞するとより深く「んー?」っとなれます。

Read - Wiiの間
Read - 株主・投資家情報ページ 『Wiiの間』会見
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: dsi, nintendo, wii
0シェア
FacebookTwitter