ソニーのデジタル一眼レフ αシリーズの新ラインナップ情報が入ってきました。写真のとおり、名前はα230、α330、α380。ソニーのロシア語サイトに一時公開されていたという情報によると、α230はライブビューなし / チルト液晶なしのエントリーモデル、α330はライブビュー / チルト液晶搭載モデル、α380はそれらに加えて1420万画素の高解像度モデル。これら基本仕様は現行のα200、α300、α350と同じになります。写真下の解説がやや怪しい英語なのはリンク先PhocoClubAlphaが機械翻訳を通したあとのスクリーンショットを保存したから。

一方、新機種に共通の変更点としては筐体が小型化されたこと、撮影時のディスプレイ・レイアウトが刷新されたこと、各種モードや設定方法をディスプレイで解説する「ハンドブック」機能の追加など。また上位機種のα900 や α700と同様にHDMI端子を備えており、テレビと接続することで高画質かつリモコン操作可能なスライドショー機能「ブラビア プレミアムフォト」に対応する模様です。発売日、価格などは不明。公式サイトへのフライング掲載とあってほぼ正しい情報と推測されますが、動画撮影機能についてはウェブサイトに記述し忘れていただけという可能性もないわけではありません。

[Via Photo Rumors]