マイクロソフト:Windows 7は約3か月でRTM、年内発売

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年05月12日, 午前 07:26 in breaking news
0シェア
FacebookTwitter


マイクロソフトがWindows 7製品版の2009年内発売予定を正式に発表しました。米国時間で11日より開催されたマイクロソフト Tech•Ed North America 2009の基調講演において、Windowsビジネス担当シニアVP Bill Veghte氏が明らかにしたもので、「RCテストおよびパートナーからの多大なフィードバックを得て、Windows 7はホリデーシーズンの提供に向けて順調」と語っています。

Windows 7のリリース時期については「Vistaから3年のタイムフレーム」つまり2010年以降という公式見解が繰り返されつつ、有力PCメーカーのトップが「次の機種は2009年後半。Windows 7プリインストールで」と公言したり、あるいはゲイツ会長みずから「来年(2009年)あたりにはVistaの次がでる」と発言するなど年内の登場がもはや既定路線のように扱われてきましたが、ついにマイクロソフトから公式に今年秋から年末という予定が発表されたことになります。

今後のリリーススケジュールについては、Windows 7チームの公式Blogにもう少し詳しい解説が載っています。いわく、今年1月の公開ベータ先日のRCに続くマイルストーンであるRTMは、RC版からのフィードバックがマイクロソフトの期待する水準に達していたとして、現在から約3か月程度を想定。RTM (Release to manufacturer) は PCメーカーに渡されるイメージが固まるという意味なので基本的には「完成」と同義です。

ここからさらに先、一般向けにパッケージ入りのWindows 7やプリインストールPCを店頭で買えるようになるのがGA (General Availability)。これが米国のホリデーシーズンと想定されています。しかしいずれも固定された「締め切り」ではなく品質を判断基準にすることが強調されており、いまから約3か月でRTM・年末までにGAというのも現時点での(公式な) 想定にすぎません。

Read - プレスリリース
Read - 公式Windows 7チームBlog記事
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: breaking news, BreakingNews, microsoft, windows, windows 7, Windows7
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents