HPがノートPC用バッテリーの自主回収プログラムを発表しました。2007年8月から2008年1月に製造されたバッテリーパックの一部において、製造上の不具合によりまれに過熱・変形・発火などの発生する場合があることが明らかになったため。対象は計25機種 (うち17機種は日本未発売)のノートPCに採用されており、該当数は世界で20万3000個。日本国内ではごく少数とされています。

問題のバッテリパックが搭載されていたかもしれないノートPCはHP Pavilion dv2x00 / dv6x00 / dv9x00およびCompaq Presario 9モデル、HP G6000 / G7000, HP Compaq 6720sなど。詳しくはリンク先の交換プログラムページで確認してください。可能性のあるノートPCの型番一覧は続きにも掲載しています。・HP Compaq 6720s Notebook PC
HP Pavilion Notebook PC dv2000シリーズの以下の機種
・HP Pavilion Notebook PC dv2405
・HP Pavilion Notebook PC dv2605
HP Pavilion Notebook PC dv6000シリーズの以下の機種
・HP Pavilion Notebook PC dv6200
・HP Pavilion Notebook PC dv6205
・HP Pavilion Notebook PC dv6500
HP Pavilion Notebook PC dv9000シリーズの以下の機種
・HP Pavilion Notebook PC dv9500
・HP G7000 Notebook PC

・HP Pavilion Notebook PC dv6700/dv9700(日本向けモデルは対象外)
・HP Pavilion Notebook PC dv2000/dv2500/dv2700/dv6000/dv9000(日本未発売)
・HP G6000 Notebook PC(日本未発売)
・Compaq Presario A900/C700/F700 Notebook PC(日本未発売)
・Compaq Presario V3000/V3500/V3700/V6000/V6500/V6700 Notebook PC(日本未発売)