ソフトバンクに続き、ドコモからも夏モデル18機種が発表になりました。まず注目は日本初上陸となったAndroid携帯のHT-03A。HTC社製で一般的にはHTC Magicと呼ばれているものですが、日本では「デジタルマスターケータイ」PROシリーズの一員となりました。Androidプラットフォームのおさらいをすると、Webkitベースのウェブブラウザ、Google検索、YouTubeなどがOSに統合されており、Gmailの自動受信、Picasaへの画像アップロード、GPS+電子コンパスによるGoogleマップ + ストリートビューの利用も可能。Androidマーケットにより追加アプリのダウンロードもできます。

HTC Magic、もといHT-03Aの基本仕様をおさらいすると、マルチタッチではなくふつうのタッチスクリーンの、3.2インチのハーフVGA(320x480)ディスプレイを搭載。画面下にはトラックボールとハードウェアキー。カメラは320万画素(記録画素数は310万)のオートフォーカス対応CMOSで、フラッシュはなし。さらに無線LAN(802.11b/g)、GPS+電子コンパス、Bluetooth、microSDHCに対応しています。あえてロゴ以外のドコモ独自ポイントを探すと、最大7.2Mbpsパケット通信のFOMAハイスピード、国際ローミングサービスのWORLD WING(3G+GSM)が挙げられますが、いずれもドコモの名前で言えばこうなったという以上のものではありません。

大きさは113 x 56 x 14mm、重さは123g。色はホワイトとブラック。発売は「2009年6月~7月(予定)」となっています。「X月以降」の目立つソフトバンクといい、各社発売次期がどうもあやふやです。

公式サイトより。

機能が少ないのではありません! これが世界標準です!

ちなみに新世代エンターテイメントケータイのPRIMEシリーズより、SH-01Aだとこう。