Dell's Mini 10v shown running a plethora of operating systems, Cupcake among them

米Dellがコミュニティ向けに提供している「中の人が語る」動画シリーズより。肩書きテクノロジー・ストラテジストのDoug Anson氏が披露しているのは、ミニノートの新モデル Inspiron Mini 10vで Ubuntuのネットブック向けビルド UNR (Ubuntu Netbook Remix)、デルカスタマイズ版 Ubuntu、そしてAndroidを走らせるデモ。

国内でもすでに販売されている普通のMini 10 ("Tiger", Mini 1010)がAtom Z系であるのに対して、コードネーム Bear こと Mini 10v (Mini 1011)はネットブックで一般的なAtom N270 + 945GSE Expressを採用した製品。ネットブック標準として枯れきった構成をとっているからプリインストール以外のOSでも問題なく動いてすぐに使える、開発機にもぴったり!というのが動画の主旨。

注目は ドコモ HT-03Aなどのスマートフォンだけでなくネットブック向けのOSとしても注目されてきた Androidをデルも採用するのか?ですが、今回披露したのはあくまで「インストールしたら動く」というデモであってなんら正式な発表ではない、としっかり断っています。とはいえコンシューマーPC向けのWindows抜き・Linux OSプリインストールもコミュニティの声を受けて実現したデルだけに、意外と早い時期にAndroidノートが選択できるようになるかもしれません。

[Via Pocket-lint]