NVIDIA Ionベースのネットブックがついにレノボから登場します。IonはインテルのAtomとNVIDIAのGeForce 9400M / MCP79を組みあわせたプラットフォーム。Atomネットブックは一般的にインテルの945GSEなど非力なグラフィック統合チップセットを載せていますが、Ionでは描画性能の大幅な向上に加えて、GPUの処理能力をグラフィック以外に使うCUDAにも対応します。

リンク先craveによれば、レノボのIon ネットブックはIdeaPad S12。デスクトップ / ネットトップではすでにAcerからAspireRevoが発表されているものの、ネットブックでIonプラットフォームは(どこかがレノボを出し抜いて正式発表&発売しないかぎり)世界初。S12はモデル名どおりに12.1インチのディスプレイを備えるほか、HDMIポートでHD映像出力にも対応します。詳細な仕様や価格はまだ明らかになっていませんが、12インチAtomノートとして競争力のあるレベルを期待したいところです。レノボ側に正式なリリース・製品ページがあがりしだい続報をお伝えします。