防水ハイビジョンXactiに限定モデル、Eye-Fiに公式対応

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年05月27日, 午後 05:30 in eye-fi
0シェア
FacebookTwitter


三洋電機から「水のXacti」DMX-WH1Eが発表になりました。今年1月に発表されたXacti 5機種のうち、防水&横持ちモデル DMX-WH1 の色違い限定バージョンです。ハイビジョン動画撮影機能、3mまでの水中操作が可能なIPX8防水、光学30倍ズーム、リバース連写、顔検出追尾といった売りはそのまま。発表時「一桁少ないのではないか」と疑われた静止画110万画素もそのままです。

機能面での唯一の新機軸は、Eye-Fiに対応したこと。Eye-FiはSDカードに対応したたいていのカメラで使えますが、公式に対応が表明されて一安心というだけではなく、Xacti側でのEye-Fi設定機能や、Xactiの電池容量に応じてEye-Fiの自動転送をオフにする機能も加わっています。写真のワイヤレス送信はもちろん、Eye-Fi Share Videoにより動画の送信も可能。

なお本製品は「環境保護への意識を高める工夫を行った商品」ということですが、単色刷りダンボール外装はともかく、「内容を基本操作に絞り、ページ数を約60%削減した基本取扱説明書」(ふつうの説明書はネット配布)や「付属AVケーブルの省略」といった取り組みはもはや環境vsユーザの様相。もっとも1万台の限定モデルですので、実験的取り組みに1万人の賛同があればそれでいいのかもしれません。発売は来月19日です。

Gallery: Army Corps of Hell (11/30/11) | of 8 Photos


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

 

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: eye-fi, sanyo, xacti
0シェア
FacebookTwitter