新しい遊びの提案で人々を驚かせることこそ本分、という任天堂が またなにやらすごいものを出してきました。E3 キーノートで岩田社長みずから披露したのは、Wiiリモコンと接続する「Wii Vitality Sensor / Wii バイタリティ・センサー」。人差し指を差し込むようになっており、脈拍および「そのほか」の生体情報を読み取る仕組み。「モーション」要素でマイクロソフトに急接近された任天堂がどうでるか?といった次元から見事に斜め上を通過しています。

新しい製品としてたしかに観客を唖然とさせたものの、詳細な仕様や具体的なアプリケーション / ソフトの実演はなし。おそらく「そのほか」に読み取れる情報にまだ何かが隠されており、Wii Fit Plusや万歩計・脳トレ系のような使い方をされるのではないかと予想されますが、現時点ではまったく不明。米国版のプレスリリースではユーザーの「Body's inner world」の情報を伝えると形容されています。血圧や伝導率etcといったセンサーはいろいろと考えられますが、なにか想像もつかない恐ろしい機能を持っているかもしれません。