bluetribeから5ボタンBluetoothマウスSBTP01、カウント数切り替えに対応

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年06月10日, 午後 01:26 in bluetribe
0シェア
FacebookTwitter


ユニークなBluetoothデバイスを揃える シグマ A・P・O / bluetribeブランドから、レーザーマウス SBTP01が登場します。仕様はホイールと側面の進む・戻るを含めた5ボタン、Bluetooth v2.1 + EDR対応、レーザー式センサ。シンプルな製品が多いBluetoothマウスとしては珍しく分解能切り替え機能を備え、ホイール手前のボタンで800 / 1200 / 1600 cpiの三段階にオンザフライで変更可能です。

バッテリーは単4電池を採用しており、アルカリ乾電池を使った場合の想定使用時間は約36日 (連続動作時間 約73時間)。サイズは66 × 109 × 38mm・重量は電池を除いて 82g。ブラックのほかブルー、レッドのつやつやフィニッシュもBluetoothマウスとしてはなかなか見かけません。発売は6月下旬、価格はオープン・想定 5980円前後。

 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: bluetribe, input device, InputDevice, mouse, sigma apo, SigmaApo
0シェア
FacebookTwitter