Palm PreのwebOS ルートイメージ流出、隠し機能発覚

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年06月10日, 午後 02:07 in palm
0シェア
FacebookTwitter

発売翌日に話題を新型iPhone発表へ奪われてしまったPalm Preですが、同端末自慢のプラットフォーム webOS がルートイメージ丸ごと流出するという意外なニュースが飛び込んできました。

流出したのは正確には webOS Reset Doctor というツールで、名前のとおりPalm Preの中身をリセットするもの。その中に195MBのルートイメージが含まれていた次第です。ハック? トムソーヤの主人公? という人にはどうでもいい話ですが、これによりwebOSの隠されていた機能を発見したり、公式環境では作れないような内部まで踏み込んだアプリを開発したり、あるいはSprint独占となっている同端末を他の通信網で利用するSIMアンロックの実現にまでつながる可能性があります。

実際、この大物流出はハッカーコミュニティを駆り立てているようで、隠されていた機能としてすでにJavaバーチャルマシンが発見されています。webOSがLinuxベースであることを考えると、今後かなり素敵なおもちゃに成長しそうです。
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: palm, palm pre, PalmPre, webos
0シェア
FacebookTwitter