webOS流出イメージから新端末情報・AOL/MSNアイコン発見

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年06月10日, 午後 03:20 in palm
0シェア
FacebookTwitter

お伝えしたばかりのwebOSイメージ流出について、早くも解析の成果が次々と飛び込んできています。まずブート時の端末判定コードから、castleとpixieというコードネームを発見。以前Palm Eos = Castleというリークがありましたが、もう一台秘密の端末があるのか、それともPreがcastleでEosがpixieなのか、ともあれ少なくとも二台目に着手していたことは読み取れます。

また、流出したイメージからはAOLやMSNのアイコンも発見されています。そういえば同OSにはPalm Synergyというカレンダーやスケジュール、メッセージングなどの情報を複数ソースから収集して統合する機能があり、米Yahoo!が近日中の対応を発表したばかり。SynergyでYahoo! / AOL / MSNの情報統合ということになれば強力です。

さらに同OSのメッセージングアプリはJabber/XMPPプロトコルや、統合メッセージングアプリPidginでも利用されているlibpurpleに対応している模様。Jabber/XMPPはGoogle Talkが対応する一方、libpurpleはWindows LiveメッセンジャーからYahooチャット、Facebookチャットまで対応しています。webOSが今後どこへ向かうのか、ハッカーがなにを見つけるのか、二重の意味で楽しみです。

Read - castle / pixie 発見 @ precentral.net
Read - AOL / MSNアイコン発見、メッセージングアプリ詳報 @ precentral.net
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: palm, palm eos, palm pre, PalmEos, PalmPre, webos
0シェア
FacebookTwitter