iPhone OS 3.0で追加される機能のひとつが、外部ハードウェアとの通信の解禁。iPhone 3G Sに標準搭載されるNike+対応をはじめ、iPhone用の外付けデバイスがこれから次々と登場することが期待されます。となると、アップルが目指すのはさらにその先。お馴染みApple Insiderが、気になる特許出願情報を発掘しています。

今回の発明は図にあるとおりスノーボードやスキー、図にはありませんがマウンテンバイクなどと連携するスポーツ系デバイス。センサやマイクロプロセッサを内蔵し、滞空時間や速度、そして運動のアクティブさを示す「パワー」などを計測・記録します。さらにLCDも搭載し、計測結果の表示にも対応。スキーヤーやスノーボーダーの「今日は誰よりも速かった」とか「すごく飛んだ」「俺のが飛んだぜ」とかいった曖昧な自己評価の数値化を目指します。

iPhoneとの連携は一切触れられていませんが、当然妄想したくなるところ。周辺機器メーカーではなく、アップル自身がこのような特許を出願しているのも面白い話です。ただしもちろん、実用化の目処などは一切不明。