Open Screen Projectで大画面テレビから携帯電話までの浸透を狙う Adobeから、スマートフォン向け Flash Player 10の提供時期があきらかにされました。CEO兼 プレジデント Shantanu marayen氏が2009年Q2 業績発表のなかで 語ったもので、「スマートフォン (級)デバイス」用 Flash Player 10の初期ビルドはすでにパートナー企業のもとに渡っており、10月のMAXカンファレンスで開発者向けのベータ版配布を予定しているとのこと。

問題はその「Smartphone-class」デバイスとはなにか?ですが、業績報告では「Google Android、ノキア Symbian、Windows Mobile、そしてPalmのwebOS」端末が最初のFlash 10対応デバイスに含まれるであろう、と表現されています。Palmが Open Screen Projectへの参加を発表したときのプレスリリースでは、webOSのFlash対応は2009年末予定。

Flash対応について延々と報道が続いている アップル iPhone が名指しされていないのはなにやら不審ですが、ARMベースのハードウェアとしては名前の挙がっている他社のスマートフォンとおなじようなもの。以前には「(Flash on iPhoneについて) アップルと協力している」というAdobe CEOの発言もあり、開発はしているけれど先方を慮って名指しは控えた、といったところではないでしょうか。上の画像はリンク先プレゼンテーションの13ページ。