Palm Preが米国で発売されて半月がすぎましたが、ルートイメージ流出コナミコマンド(=開発者モード)発覚、PC接続で自作アプリ動作と、大ハック祭は留まる気配がありません。そして今回新しく明らかになったのは、Palm Pre単体で自作アプリをインストールする方法。これまでのようにPCとの接続やファイルレベルでの書き換えが不要になります。やり方は自作アプリへのリンクをメールの本文に書いてPreへ送り、Preのメールソフトでリンクを開くだけ。なんとも単純な方法でインストールが可能になります。

発見したのはxorg、spotter、simplyflipflopsという三人のハッカー。同じ自作アプリへのリンクであってもPreのウェブブラウザ経由ではインストールできないので、単純なチェック漏れではないかと考えられます。自作アプリ開発も"Hello World"期を過ぎ、チップ用電卓のような簡単ながら実用的なものが登場。今後の進展はもちろん楽しみですが、公式ソフトウェア・ライブラリのApp Catalog正式版登場を控えたPalm側がどのような対処を行うのか、なんらかの折り合いをつけるのか、気になるところです。

Read - インストール方法 @ PreCentral
Read - 電卓アプリ紹介 @ PreCentral