医療休暇をとっていたアップルCEO スティーブ・ジョブズが予告どおり復帰、約5か月半ぶりにアップル本社での執務を再開しました。昨年から激やせを観測されていたジョブズ総帥は今年1月はじめに「ホルモンバランスの崩れで痩せたけど深刻な話じゃないしもう回復中」との書簡を公開したもののわずか10日ほどで「思っていたよりも複雑だった。治療に専念して6月末まで休みます」と改め、今月のWWDC 2009基調講演も含め製品発表はフィル・シラーを始めとする幹部が担当しています。

アップル広報Steve Dowling氏によると、ジョブズは現在「週に数日」クパチーノのアップル本社に出勤しており、残りは自宅から働いているとのこと。療養中も同社の重要な意志決定にかかわっていたとされていますが、パートとはいえ出社できるだけの回復は心強い報せです。