Windows 7 先行予約キャンペーン、2日間で瞬殺

Ittousai
Ittousai , @Ittousai_ej
2009年06月29日, 午後 06:05 in microsoft
0シェア
FacebookTwitter


Windows 7のアップグレード版が半額以下で手に入る「Windows ありがとうキャンペーン」は26日から7月5日までの10日間または限定本数に達するまで実施とされていましたが、10日どころかほぼ一日半で完売してしまいました。オンライン専用予約を受け付けた国内17店舗では、Home Premiumが本来の約半額にあたる7777円前後、Professionalが1万4777円前後。コメントや情報提供フォームでも報告いただいたように(ありがとうございます)、Home Premiumは当日に瞬殺、Professionalも一部店舗で翌日まで残ったものの27日中に完売したとのこと。

マイクロソフト製品で記録的な売れ行き!といえば同梱パックや値下げで思い出したように売れるXbox 360の(※ ただし集計週の前半に品切れ)やら供給不足が思い浮かぶところですが、今回のWindows 7 予約は各店とも「かなりの数」を入荷していたとされています。(具体的にどこから「かなり」なのかはよく分かりません。追記:合計で約3万本だったらしい)。キャンペーンページの告知では「今回頂きました様々なご要望を含め、一人でも多くのお客様に様々なメリットをご提供できるよう、引き続き様々なプロモーションをご提案する予定です」。なお、日本より長い7月11日までのキャンペーンが実施されている米国では、Amazon.com含む各店舗でまだ普通に予約できます。

[via Akiba PC Hotline. Thanks, ener]
 
 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]
関連キーワード: microsoft, windows 7, Windows7
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents