Mobinnova élanの開発者によるガイド動画が公開されています。elanはNVIDIAのARMコア+GeForce チップ Tegraを世界で初めて採用したネットブック。携帯電話やハンドヘルド機器での利用を想定したTegra採用だけあって、重量 800g台のノート型ながらHD動画再生で連続7時間、ディスプレイを消した音楽再生なら24時間どころか24間(!)という長時間駆動が売りの製品です。

続きに掲載したのはnetbooknewsによるMobinnova開発者へのインタビューとデモ。elanの特徴であるメディア再生やブラウズには持て余すグラフィック能力をアピールすべく演出過多な独自GUIが採用されており、サムネイルがいちいち斜めに旋回しつつ飛び回ったり、アイコンが無駄に3Dでぐるぐると回るなどすごいことになっています(開発者いわく「本物の3Dだよ!フェイクのやつじゃないよ!」)。

アイコンが3Dでめくれるのはカバーフローをはじめありふれた表現ですが、elan (というよりNVIDIA Tegraデモ)ではファイル一覧を呼び出すたびにサムネイルのひとつひとつが独立してぐらつくなど、一覧性にも操作感にも貢献しているのか疑わしい格好いいだけ演出さえ散見されます。メディア再生のほかはそれなりにさくさくと描画できているFirefox 3.1など。ドックやメディアプレーヤを離れると途端に生のWindows CEに戻ってしまうのが残念なところですが、動画は開発中ソフトウェアによるもの。製品版の発売までにはさらに洗練されたUIを搭載してくるかもしれません。