VholdR ContourHD hands-on and impressions

半月前にご紹介したウェアラブルHDカメラ ContourHD をEngadget本家がレビューしています。ContourHDは1280x720・30fpsの高解像度動画や848x480・60fpsのハイスピード動画をH.264フォーマットで撮影できるシンプルなビデオカメラ。軽量116gに135度の画角(HD撮影時)、耐水・耐衝撃と、ウェアラブルカメラとしての利用に最適な作りとなっています。米国ではすでに$299.99で販売中。

ギャラリーに続き、実機レビューと「走ってみた」動画。




実物を見てまず気付くのはその小ささ。95x53x34mmというサイズで、手の中におさまる程度です。ヘルメットやハンドルには一部同梱/一部別売の専用カメラマウントを用いて取り付け。カメラレンズは192度まで回転するため、マウント位置がやや苦しくても調整可能です。ウインドシールド用のマウントも今月発売予定で、使い勝手が広がります。




問題点もいくつか。耐水アルミボディは丈夫ながら、ぶつかった際にバッテリー部分だけ外れてしまうことがあり不安。内蔵マイクは通常では問題ありませんが、時速50km以上になるとやはり風の音が目立つとのこと。また録音ボタンはやや固く、バイカーがグローブのまま操作するのは大変です。


ビデオカメラとはいえ娘の運動会のために国内製品とどちらか良いか迷うようなものではありませんので、割り切った性能に合う用途さえ思い浮かべば良い玩具になりそう。四六時中ヘッドマウントディスプレイを装着している国内のウェアラブル研究者に新しい選択肢を与えるためにも、日本での流通に期待したいところです。