韓国Viliv社製のViliv S5が日本でもBRULEから発売されます。Viliv S5は154 x 84 x 24.4mm・436gというサイズでありながらWindows XP Homeを搭載したUMPC。VAIO type Pよりはだいぶ小さく・軽く、Willcom D4とほぼ同じ重さでより小型。ただしこちらはキーボードがありません。

主な仕様は4.8型・WSVGA(1024 x 600)のタッチスクリーン・ディスプレイ、CPUはAtom Z520 1.33GHz、メモリは1GBといったところ。ストレージは60GB HDD / 64GB SDD / 32GB SDDから選択。通信はWiFi(802.11b/g)、Bluetooth 2.0+EDRに対応。SiRF STAR III チップのGPSも搭載します。内蔵バッテリーは最長6時間動作。キーボードはありませんが、ソフトウェアキーボードはタッチ時に振動。Bluetoothキーボードの接続も可能です。Bruleの解説ページによれば「優れたGPUを搭載しています」。Viliv S5はチップセットUS15W内蔵のGMA500を載せていたはずですが、何と比較して優れているとは書かれていません。

注文受付は今月8日(水)13時から、Read先のBLUREのページにて。27日(月)まで予約キャンペーンとして特別価格になっており、60GB HDDモデルは5万9800円(通常6万9800円)、64GB SSDモデルは7万6800円(通常8万4800円)、32GB SSDモデルは6万6800円(通常7万4800円)。また予約キャンペーン中はレザーケース、追加の標準バッテリー、カーキットのアクセサリが付属します。商品発送は来月10日(月)の予定。

続きには海外版の動画を掲載。iTunes動作の様子と、一足早い開封の様子です。



開封

iTunes動作の様子