先日掲載した「PSP goの最大クロック」についての訂正記事。FCC提出資料にある「最大クロック:480MHz」との記述から、これまでは333MHzだった最大(CPU)クロックが480MHzに上がるなら従来機種と互換性を考えないでよい場面で活用されるかも、という推測でした。が、SCEによると480MHzは「ユニット全体として」の最大クロックを示しており、この場合はUSB関連デバイスのクロックであるとのこと。メインプロセッサに関してはPSP 1000 / 2000 / 3000と変わらない1 ~ 333MHzのまま。というわけで、そもそも在庫リスクがないPSP goなら高クロック対応の専用アプリが登場するかも、いやブラウザやらメディア再生はすでに速いかもetcといった予測も根拠から崩れることになりました。訂正して勇み足をお詫びいたします。