OCZ製2.5インチSSD Vertex Turbo、キャッシュ性能向上で高速化

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年07月8日, 午後 03:00 in ocz
0シェア
FacebookTwitter


Z Driveなどのハイエンド製品やコンシューマー向けSSDでおなじみOCZ Technologyが、2.5インチSSDの新製品Vertex Turboを発表しました。Turboは定番 Vertexのオンボードキャッシュを高速化した製品。64MB SDR DRAMキャッシュの動作クロックが従来の166MHzから180MHzへと向上しています。容量は30GB、60GB、120GB、250GBの4モデル構成。動作速度は最速の250GBモデルでリードは270MB/秒、ライトは210MB/秒。120GBモデルではすこし落ちてリード270MB/秒、ライト200MB/秒。30GB・60GBモデルではさらに落ちてリード240MB/秒、ライト145MB/秒。無印 Vertexの公称よりそれぞれ20MB ~ 50MB/秒ほど速くなっています。大きさは99.8 x 69.93 x 9.3mm、重さは77g。三年保証付きです。
 
 
新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: ocz, ocz technology, OczTechnology, ssd
0シェア
FacebookTwitter

Sponsored Contents