動画:室内光で動作する広告用 E Ink ディスプレイ、薄さ7.5mm

Haruka Ueda
Haruka Ueda
2009年07月13日, 午後 03:09 in digital signage
0シェア
FacebookTwitter


いわゆる電子ペーパーの代表的存在になった E Ink ディスプレイは、Kindleなど電子ブックリーダーでよく利用されています。続く用途として見込まれているのが広告などのデジタルサイネージ。韓国 Neolux社はそんなデジタルサイネージ向けのソーラーパネル E Inkディスプレイユニットを発表しています。同社のE Inkディスプレイユニット Ink-In-Motionに太陽電池パネルを搭載した製品で、一般的な室内光(400ルクス以上)で動作するのが売り。同社いわく最大18ヶ月稼動するとのこと。最大ディスプレイサイズは26 x 12 cm。コントローラを含めたパッケージ全体で7.5mmという薄さも魅力です。あとはこちらへ語りかけるようプログラミングするだけ。動画は続きに掲載。背景にカラー部分があるような気もしますが、E Inkとは別のレイヤーがあるのかもしれません。


 

TechCrunch 注目記事新型コロナのソーシャルディスタンスを支援するビデオチャットアプリ8選

新型コロナウイルス 関連アップデート[TechCrunch]

 

関連キーワード: digital signage, DigitalSignage, e ink, e-ink, EInk, Neoluxiim, signage, solar, solar-powered
0シェア
FacebookTwitter