MY SSD STOPS! というわけで、インテルの34nm版 メインストリームSSD X25-M G2のバグに続報がありました。インテルのコメントによると、現象は既報のとおり「BIOS HDDパスワードを有効に設定したのち、パスを変更もしくは無効に設定するとSSDがアクセス不能になる」。BIOS HDDパスワードを使っていない場合はまったく影響はありません。

今後の対応についてはファームウェアのバグをすでに特定できており、現在は修正を検証している段階。このエラッタを修正するファームウェアアップデートは2週以内にも提供される予定です。(修正ファームがアップロードされる予定地は http://www.intel.com/support/9089.html ただし現在はなにもなく、米Intelのサポートトップに飛ばされます)。

インテルではすでに出荷の差し止めをおこなっており、すでに購入したユーザーに対しては通常のカスタマーサポートを通じて対応するとしています。ただしこの件については、製品サポートページのKnown issues and solutionsにも現時点で未掲載。

店頭に並んでから出荷停止までの数日間にさっそく購入するようなユーザーで、メーカーの公式サポートサイトは確認するが製品名でウェブ検索はしない、ハードウェア系のニュースもまったくチェックしない、でもセキュリティは人一倍厳重、というプロファイルに一致するお知り合いがいるかたは、「BIOS HDDパスを使わない」「もし設定していたら変更しない・無効にしない」ようにお伝えください。