ASUS、Acerがネットブックの新規投入を凍結しそうだからといって、他社もそれに倣うとは限りません。DigiTimesの台湾業界うわさ話によると、HPは来月にも11.6インチのネットブックを、さらに年内には10.1インチのネットブックを投入するとのこと。いずれも台湾Quanta Computer社製となります。さらにQuanta社はネットブックだけでなく、15.6インチ / 17.3インチのノートPCも手がける見込み。こちらも来月には登場の予定です。

また、続く9月末には現行機のMini 1000 / Mini 110をモデルチェンジした10.1インチ・ネットブックも発表される模様。こちらは台湾Inventec社製。10.1インチモデルがふたつになりますが、後発のQuanta製は超薄型・CULV搭載など、典型的ネットブック仕様に留まらないミニノートになるということかもしれません。

さらに台湾のCompal Electronics社はHPの13.3インチ / 14インチ・ノートを製造するとのこと。こちらも登場は来月。事実なら筒抜けもいいところです。ともあれグローバルな今日では、メーカーという言葉の意味さえ限りなく曖昧になってしまいました。

[Via SlashGear]